端午の節句はいつからあった?

端午の節句はいつからあった?

1948年に、5月5日がこどもの日と制定されるもっと前から、子供の成長を願う日として端午の節句がありました。特に男の子をお祝いする風習があったのですが、これは奈良時代に中国から端午の節句の風習が伝わったときがきっかけのようです。今でこそ男の子、女の子の区別なくお祝いする傾向が強くなりましたが、過去には男女差別だという意見が噴出したこともあったそうです。

江戸時代に端午の節句が伝わった当初、厄除けという意味合いが強かったため魔よけにいいとされていた菖蒲が使われました。よもぎと菖蒲を軒先に吊るして邪気を追い払ったり、菖蒲を入れたお風呂に入ると病気をしないとして無病息災を願う家庭が多かったのです。

当時は将軍家に男の子が生まれると盛大にお祝いをしていましたが、このとき男の子が生まれた証としてお城の玄関に幟をあげてお祝いをしていました。鯉のぼりの発祥です。この風習がのちに、一般家庭でも吹流しとしてこどもの日に鯉のぼりと一緒にあげられるようになりました。いつの時代も子供が無事に成長することを願う思いに変わりはないということのようです。

ちなみに、武士がいたころは菖蒲と尚武をかけて、武士を尊ぶという節句として広まりを見せたこともありました。

    こちらのサイトもご覧下さい

  • どんな外観にもより自然な形で設置が出来るものや、おしゃれな甕風のものなど様々な種類がある雨水タンクを考えているなら、庭の景観や家の外観にちょっとしたエッセンスを加える事が出来て節水効果も抜群なのでオススメです。

Copyright(C) 意外と知らない端午の節句あれこれ All Rights Reserved.