こどもの日にはどんな意味があるのか

こどもの日にはどんな意味があるのか

こどもの日は男の子をお祝いする日で、ひな祭りは女の子をお祝いする日。今では当たり前の風習として広く認知されていますが、少し前までは男女差別があるのではないか、という批判もありました。そのわけは、5月5日のこどもの日は祝日なのに、ひな祭りは平日であることが理由になっています。

しかし時代が変わり、こどもの日は男の子だけでなく子供全体をお祝いする日として認知されるようになったことから、これらの批判は減ってきたそうです。

国民の祝日のひとつとして誰もが知っている5月5日こどもの日。時代は変われども家の庭先に鯉のぼりがたなびく姿は圧巻です。男の子の成長を願う祝い事という意味合いから、性別関係なく子供たちの健康を願う祝い事として定着しつつある現代。祝日として認定されたのは大正時代のことでした。

児童愛護デーという団体がありまして、この団体がこどもの日を祝日にするよう国会に働きかけたのだそうです。それは大正時代のことでした。この働きかけが認められ、5月5日が祝日になりました。

なぜ5月5日が祝日で3月3日が平日なのか。知ろうと思わなければ知る機会がないことですので、未来の子供たちに言い伝えていくためにもこどもの日を語る場を設けるといいかもしれません。

    お薦めWEBインフォメーション

  • 個性豊かなブランドを取り揃えて様々な種類の中から銀座にあるアネリディギンザの婚約指輪なら、200種類以上の中からジュエリーコーディネーターと一緒に決めるので、小さい頃からの憧れの一生に一度の指輪を手に入れることが可能です。

Copyright(C) 意外と知らない端午の節句あれこれ All Rights Reserved.