意外と知らない端午の節句あれこれ TOP

このサイトについて

男の子のお祝い事として日本に古くから伝わる端午の節句。鯉のぼりをあげたり、兜を飾るなど、家族そろって男の子の成長を願う日として知られています。そもそも端午の節句の意味とはなんなのか、あまり知られていないのではないでしょうか。端午の節句というのは、実は中国発祥の行事なのです。子供の厄払いとして行われていた年中行事で、日本には奈良時代に中国から端午の節句が伝わったと言われています。端午の節句が中国発祥であることを知っている方は少ないようです。

こどもの日に菖蒲風呂に入ることにも意味がありまして、子供の厄除けとして言い伝えられていることから邪気をはらうために香りの強い菖蒲が軒先に吊るされたというのが始まりでした。

端午の節句の意味ですが、そもそも端午の「端」というのは最初という意味合いを持っていて、端午の「午」は午(うま)の日という意味合いがあるので、その月の最初の5日が端午の節句として行事が行われてきました。今でこそ5月5日がこどもの日として広く認知されていますが、端午の節句は毎月5日に行われていたという歴史があるのです。

江戸時代の徳川幕府が5月5日をこどもの日に認定したこともあまり知られていないようです。

    コンテンツ一覧

    おすすめ情報

    木の風合いを持つ耐水性のウッドブラインドなら、天然木の一枚板を贅沢に使って国内一流メーカーが製作した、高品質な商品を低価格で提供しているのでオススメです。
    Copyright(C) 意外と知らない端午の節句あれこれ All Rights Reserved.